しんことにようちえん
ウェブサイトへようこそ

2019-09-11

幼稚園型認定こども園無償化の時代を迎えて

~令和2年度入園説明会を終えて~

20190911_1.jpg

 9月10日(火)10時より「ぴよぴよ広場」(開放事業0~2歳児対象)終了後、11時より令和2年度入園説明会を園ホールで開催することが出来ました。参加された保護者の皆様には厚く御礼申し上げます。

 生憎、諸事情で参加できなかった皆様には後日ご連絡いただければ幸いです。本日は約100名近い方々がご来園頂きお子様と一緒に参加して頂きました。

 30分程度の短い説明会でしたが、最後まで熱心に耳を傾けて頂き、本園の教育・保育の方針や内容について理解を深めて頂く機会となりました。まだ説明不足の感は拭えませんが、未決定の部分については、後日、改めてご説明できる機会を持ちたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

 今年度は当園にとって創立54年目を迎え、幼稚園型認定こども園に移行して4年目を迎えている最中、長年の夢であった幼児教育の無償化がいよいよ10月より実施する運びとなりました。

20190911_2.jpg

 父母負担の軽減を目指して取り組んできた保育料の無償化が、全国の私立幼稚園連合会、諸関係団体、関係者・保護者などの結集で取り組んできた「イコール運動」がやっと実現の運びとなったのです。

 来年、本園は55年目という節目を迎えようとしております。創立55周年の記念事業に向けて、教育・保育の質の充実のために、今、本園では子育て支援施設(にじいろ館)の増設に踏み切っています。預かり保育の充実のためと満3歳児の取り組みです。また、他にいくつかの記念行事を企画する予定です。

 令和の時代を活きる新琴似幼稚園の運営目標はこれからも「地域に根ざした魅力あるこども園づくりをめざす」ことにあります。

 北海道・札幌市の私立幼稚園協会・連合会の教育研究テーマは「子どもたちの今と未来の幸せをねがって」~1人一人の豊かな育ちを支える質の高い幼児教育を~本園はこの共通したテーマの下で令和時代を切り開いていく決意です。

 今後も地域の皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。        

2019,9,10 理事長・園長 須藤 勝麿

2019-09-02

本園の植物あそび(菜園づくり)と食育

20190902_1.jpg

 本園の菜園(栽培)活動は園外保育の一つです。そして食育につながる保育を念頭に入れて取り組んでいます。

 子どもたちの菜園活動(じゃがいも、大根、枝豆、ピーマン、ミニトマト、モロッコ、等)その他教材用に使用するスイカ、メロン、カボチャなどは用務員の方々が育て協力してくれます。

 菜園活動の良さを何かと聞かれれば、子どもたちの気持ちの中に育てることの楽しさ、育つことの期待感が生まれること、収穫する楽しさ、食材として自ら調理して食する喜びなどを得ることが出来ます。

 仲良し農園は、栽培活動用の畑として本園からバスで10分程度のところにあり、某kk会社の御厚意で無償提供してくれております。

 水や肥料は職員が作業にあたりますが、種まき、観察見学と学び、収穫作業、調理、食卓は子どもたの取り組みとなります。

 作物が成長していく楽しみもありますが、栽培活動の最大の楽しみは、何といっても収穫した物を食することができる点でしょう。

20190902_2.jpg

 園では収穫した野菜は、子どもたち全員に食べてもらいたいので、子どもたちの好きな料理としてカレーなどを作って食します。

 栽培活動の何よりの効果は、好き嫌いを言う子どもがいなくなることでしょう。「自分が関わった」という気持ちがあるせいか、「好き嫌いをしなくなった」という声も時々家庭から聞かれることがあります。こんな時は本当に嬉しいことです。みんなと楽しく食することでこれまで以上に好きになることや今まで嫌いで絶対に食べなかった野菜をおいしそうに食べる姿を見て、菜園(栽培)活動は子どもたちに大きな良い影響を与えているのではないかと思っております。

 私たちの園外保育、菜園(栽培)活動の真のねらいは幼児の健康な心と体を育むことにあります。

2019-08-19

2学期始業式を迎えて~太陽のパワーをたくさんもらったね!~

20190819_1.jpg

 長い休み明け、久しぶりで会う子どもたちの笑顔が園舎・園庭に溢れています。

 太陽のパワーをいっぱいもらった日焼けした子どもたちがホールに集まり、全園児がホールに集合していよいよ2学期の生活がスタートを切りました。

 始業式は主幹の先生の司会で進めら、ステージに登壇した先生たちと子どもたちとの対面挨拶、2学期「みんなで頑張るぞ」と決意を新たにしました。実習生の自己紹介、リズム体操や歌を歌いながらこれからの生活に期待を高めていました。

 式の冒頭で、園長先生は子どもたちの前であいさつをいています。「今日こうしてみんなの顔を見ていると、また元気でみんなと会うことが出来、とてもうれしいです。

20190819_2.jpg

 終業式でお約束していた病気、けがのないように、事故に遭わないようにとお約束したことが守られていたんですね、本当は先生心配していたんだよ、でもこうしてみんな元気に揃っていてほっとしているのですよ、2学期は1年で一番長い幼稚園生活になります。

 たくさんのお友だちと力を合わせて一いろいろなことに挑戦、喧嘩もあるかもしれないが、それはみんなが成長できるチャンス、大切な日々としましょう。・・・」集会後各クラスでは夏休みの楽しかった思い出を話し合い、一人ひとり発表しているクラス、転入児を迎えたクラス、実習生と楽しく過ごしたり、さっそくゲーム遊びで楽しんだり等各々どのクラスも久しぶりのクラスの仲間との再会を喜びあっていました。

 先生と子どもたち、園と子どもたち、また子どもたち同士とのつながりをこれからの2学期の活動の中でしっかりと「つなげていく」ことが課題となることでしょう。


続きを読む

What's New

2019-09-19
公募・求人情報
ことり教室
未就園児向け
2019-09-17
子ども園の運営方針
2019-09-12
施設

通園児用最新情報

更新: 2019-09-18
ことり教室(2歳児保育)...

通園児用ページ


お問い合わせ

認定こども園
新琴似幼稚園

〒001-0908
札幌市北区新琴似
8条3丁目1番20号

電話
011-761-9298
FAX
011-761-0761

Eメール
[email protected]